目の下のクマ!原因は眼輪筋??

血行不良の原因とは?

 

 

目の下のクマの原因は何でしょうか。
それは「目の周りの皮膚が薄い」ということ、そして「血行不良」です。
どうして血行不良になってしまうのかをいろいろ調べても、明確な答えを知ることはできません。

 

少し難しい言葉を使うと、血行不良の原因は眼輪筋です。
眼輪筋の動きが悪いと、血の巡りが滞ってしまいます。
血行不良の原因が眼輪筋だということに、気づいている人は非常に少ないです。

 

ではわかりやすく解説します。

 

眼輪筋の動きの悪い症例の動画(YouTube)をご覧下さい。

 

 

眼輪筋の動きの悪さは、こうやってビデオで撮影したものをじっくり見ないと分かりません。

 

動画を見て分かるように、眼輪筋の動きが悪いと血行不良になってしまいます。
※「まぶたの鬱血」「まぶたの血液循環不全」「漢方で言うところの?血(おけつ)」も同じ意味

 

筋肉は本来、正しい収縮と伸展を繰り返しその圧力で、筋肉内部にある毛細血管内の血液を循環させるのですが、動きの悪い筋肉はこの働きができません。その結果、静脈血の鬱血が起きてしまいます。

 

「足腰の筋肉は第二の心臓」とよく言われています。
筋肉のほとんどが、先に述べたような収縮と伸展を繰り返し、まるでポンプのように体の中に血を巡らせているのです。

 

それは目の周りにある眼輪筋をはじめとする、小さな筋肉も同じことが言えます。

 

目の周りの皮膚は体の中にある皮膚の中でも最も薄いと言われているので、鬱血すると目立ってしまいます。

 

睡眠時間の低下がクマを際立たせる?

睡眠時間が短くなると、今あるクマを際立たせてしまうのです!
クマは大きく3つのタイプに分けることができるのですが、青クマ→茶クマ→黒クマの順で変化していきます。
青クマは筋肉の中にある毛細血管がうっ血している状態。
茶クマは赤血球が毛細血管から漏れて、組織内で壊れている状態。
黒クマは皮膚の下で色素沈着がひどくなった状態です。

 

この中でも特に、睡眠不足による血行不良で引き起こされるのが「青クマ」です。

 

アレルギーと思ってたそのかゆみ!実はドライアイ?

小さい頃からアレルギー性結膜炎などでよく目をこする癖のある方がいます。
クマができている状態で目をこするから、色素沈着を起こしていると言われることもありますが、これは間違いです。
目が乾くドライアイの症状の中に「各結膜刺激症状」というものがあるのですが、これを子供のドライアイ=アレルギー性結膜炎と誤診しているのです。

 

 

クマの原因は眼輪筋の発達不足による血行不良!

目をこする癖が原因となるクマの色素沈着は全体の十分の1だけ。
ほとんどの場合は、眼輪筋の動きの悪さによる血行不良が原因です。

 

クマの原因のほとんどは筋肉の動きが悪いことによる血行不良であり、クマの原因はいろいろあり解決策もそれぞれであるという有名美容外科医の話は間違いです。

 

クマを解消させるために目の周りを温める方がいらっしゃいます。
目の周りを温めることで血管が拡張するのですが、これは一時的なもの。
温めるだけでは効果がなく、筋トレと合わせることで効果を発揮します。

 

昔の子どものクマは赤っぽいものでしたが、最近の子ども(6歳)のクマは濃い茶色のクマ。この原因も眼輪筋の低下と考えられます。

 

このサイトのアドバイスに「3歳の子どもの眼輪筋が退化した理由は何だ?」と思われるかもしれませんが、正しい筋肉の動きがないので筋肉が正しく発達していないだけで退化とは言っていません。

 

骨折した足にギブスを巻き1ヶ月くらい歩かないと、成長期の若者であっても筋力が落ち足が細くなってしまいます。
最近の子どもはテレビやゲームなどをぼーっと見ている時間が多く、口を開けた状態が続いたり、口呼吸だったり、瞬きをほとんどしないことも。
こういう生活を続けていくと、顔の筋肉が衰えて血行不良を引き起こしやすくなります。

 

 

先日テレビで観た所ジョージの番組

 

先日、所ジョージの番組内で鉛筆の話をしていました。
今の子供たちは筆圧がとても弱いので、HBではなく2Bを普通に使っているという話です。
筆圧の弱さ、全身の筋力不足が懸念されているという番組内容でした。
後日、この話を学校の先生に話したところ「筆圧が弱いので2Bどころか4B、6Bの鉛筆を使っている子供もいます。」と普通におっしゃっていました。

 

全身の筋力が発達していない部分症

 

退化もまた進化のひとつと言われています。例えば、耳を動かせる人は少ないですよね。これは進化をする上で、耳を動かす必要がなくなったからです。これにより耳を動かすための筋肉が退化してしまいました。

 

以上のことからも分かるように、クマを解消させるには眼輪筋を鍛えるという方法しかありません。

 

眼輪筋の動きの悪さが引き起こすのはクマだけじゃない?

眼輪筋の動きの悪さが、原因で引き起こされるのはクマだけではありません。
目のたるみ、ドライアイ、上まぶたの垂れ下がり、目の下のシワもそうなんです。
眼輪筋を鍛えてこれらの症状をすぐに解消させたいと思われると思いますが、眼輪筋を毎日鍛えなければ効果がありません。続けていくと次第にこれらの症状が緩和されます。

 

すでにできてしまった色素沈着はどうすれば治るの?

すでに色素沈着をしている場合はどうすれば良いのでしょうか。
その場合は色素沈着に効果のある「ビタミンCクリーム」や「ハイドロキノン」を使用してください。これらは通販などで購入することができます。
色素沈着も短時間でどうこうなるものではありません。気長に向き合っていきましょう。

 

短期間で色素沈着をどうにかしたい!という気持ちから、クリニックでレーザー治療をする方もいらっしゃいます。
レーザーで治療をしても、また色素沈着を繰り返す方も多いということを覚えておいてください。

 

※上記で解説した眼輪筋の筋トレで、目の周りの症状が解消されるという話はあくまで全身の循環不全のない方に限定しています。

 

心臓の弁膜の病気や「肺高血圧症」「大動脈弁閉鎖不全」「心室中隔欠損」などの疾患がある方は、筋トレでの効果を期待できません。
これらの疾患のある方は、クマに限らず顔全体が鬱血したような色になります。

 

結論:クマを改善する最短の道は時間をかけてゆっくりと眼輪筋を鍛えることです。

 

効果を早く求める方はたくさんいらっしゃいます。
筋トレを1、2回したからと言ってすぐに、引き締まったボディになれるでしょうか?
数回筋トレをしたからと言って、すぐに効果を実感することはできません。

 

本当に効果実感したいのなら、毎日バリエーションを変えるなどして飽きずに続ける方法を見つけ、無理なく筋トレを続けてみてください。

 

 

クマをより早く改善するためにアイキララがお勧めです。

 

ここまでで説明したとおり、クマの根本原因は眼輪筋の発達不足です。
クマは、眼輪筋肉のトレーニングを地道に続けていれば徐々に改善することができます。

 

だけどそんなに長く待てない!!

 

というあなたには、「アイキララ」をお勧めします。
「アイキララ」は、先に紹介したビタミンCクリームの一種です。
MGAと呼ばれるビタミンC誘導体やハロキシル・Kコンプレックスといった優良な美容成分が配合されたアイクリームです。

 

「アイキララ」にはクマの根本原因に働きかける力はありませんが、クマの改善をなるべく早める効果は期待できます。
眼輪筋トレーニングに加えアイキララを併用すれば、より早くクマを改善して光る目元を手に入れることが出来ます。

 

アイキララには「全額返金保証」もついており、とても安心して購入できるアイクリームです。よければ公式サイトを覗いてみてください^^